読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月華守屋の好きな物語り

pixivでR18な作品を書いている月華守屋がいろいろ書いていきます。気が向いた時に更新するので更新頻度は多くありません。

【アニメ】スクールガールストライカーズ

2017年1月放映中ですね。

 

 

位相の違う世界に入って侵入してくる敵をチーム戦で倒す。

主人公はスーツを身に着けた可愛い子たち。

これは良い作品だなと思います。

スマホのゲームとしては全くプレイしていないんですが、ストーリーは良いという噂を聞いていまして。アニメで再現してくれないかなと思います。

私のお気に入りは沙島悠水ちゃんですね。あの子を陵辱する話は何となく思いついているので放映後か放映中に書きたいなと考えています。

 

 

 

 

2016年を振り返るその2

もういくつねるとお正月です。

今回は随分、その1と間が空きましたが2016年7月から12月までを振り返ってみました。

 

2016年7月

この月も落ち着いている月ではありました。

ただ、アップした作品に対してイラストを描いていただけて嬉しかったですね。

淡々と執筆とアップを繰り返していたところです。

ただ、そんな穏やかな日々も7月の終わりにDMがきたことで変わるのでした。

 

2016年8月。

本来ならお盆ですし、例年ではほとんど執筆していなかった時期でしたが、今年はやけに書きました。

この月の特別なことは「前々から気になっていたいんふぇるの様と、前々からお世話になっているやえば様の麻宮アテナイラストを見て、それらを繋いだ小説を書きたくなったので勢いで書かせていただき、イメレスさせていただきました。」

また、新たに絵師の「かっぷすーぷ様のウェディングピーチイラストに感銘を受けて小説を書かせていただきました。」

アップは9月になりました。

 

2016年9月

二次創作人生で二番目に多い量を執筆しました。それもこれも7月の終わりにきたDMのおかげでした。

「ラッシングビート修羅」というゲームについて小説を書いていました。

書きたいなとツイッターで呟いた時に絵師のTARE活様から打診があり、「二人で1作、ストーリーの案を出し合って完成させ、文を私。絵をTARE活様という分担で作ろうということになりました。」

やり取りしている間は天にも昇る気持ちでした。元々書く予定だった話を書き終えてから、自分だけでゲーム中のストーリーに沿って複数話執筆。さらにベルトアクションにはまったので、いくつかベルトアクション作品のエロパロを書いておりました。

さらに今回「作業のメイキングも作らせていただきました。」

 

2016年10月

10月は9月に書きあげたラッシングビート修羅の投稿ばかり行っていました。

ラッシングビート祭りの裏で執筆はまた新たな展開を迎えました。

ツイッターでの会話により「月華守屋の二次創作をしたらどうか」という会話があり、そこから自分のオリジナル「リョナノヴェラー・蓮華」を生み出すこととなりました」

この話は自分モチーフということで今後も少しずつ膨らませていこうと思うようになりました。

 

また、ここではツイッターで1RTごとに文を書くみたいな企画があり、私はせっかくなのでと君の名は。の少しエッチな話を書いてみました。それだけで終わるのももったいないので、「リョナ、凌辱のない君の名はのエロパロを書きました」

 

更にさらに。この月は11月から猛威を振るうことになるViVidStrike!の4話が放映されることになりました。そこで行われた凄惨な話から勢いで小説を書き、せっかくなので「アニメで放映された話に合わせて二次創作する」という自分企画を始めることになりました。

 

2016年11月

10月終わりから引き続いてヴィヴィスト二次創作を連続アップし続ける日々でした。

これまでの定期更新の他に「書き上げてはすぐ推敲してアップする、という更新を実施した。」

ここでは思いつく時となかなか厳しい時もありましたが、ヴィヴィストを毎週ツイッターの方たちと会話することができて、さらに話を思いつくなど充実しておりました。

 

2016年12月

遂に今月ですね。

この月もヴィヴィスト二次創作をする傍らで、かっぷすーぷ様に以前書いた小説のお礼リクエストに応えていただき、エンジェルサルビアの大ピンチを描いてもらいました。そのイラストを見てまたむくむくとイメージがわいたおかげでイメレス小説を書かせていただきました。

「イメレス小説書いた→イメレス小説のお礼リクエストイラストを描いてもらった→書いてもらったイラストを見てイメレスした」という流れの完成ですね。

そして、二つ目の特別なことは「pixivランキング最高位の6位にアップした作品が入った。」ことです。ヴィルガストのリタ姫悪堕ち小説を書いたらなんと次々と点数が上がり6位になりました。私も驚きでした。

 

さらに三つめの特別なことは「年間100話を越えた」ことです。

ヴィヴィスト2次創作のおかげでpixivにアップする単位の話数が、もう少し頑張れたら100話に到達しそう、となりまして。急きょ残りの2週間で頑張ってみました。上記にあがったかっぷすーぷ様のイラストの提供も起爆剤にはなりましたね。

 

そしてそして四つ目の特別なこと。これは未来日ですけど「リョナノヴェラー蓮華の二次創作がアップされる」ですね。

以前、月華守屋の二次創作の話をしていた方との会話で、リョナノヴェラー蓮華の二次創作を書くと言っていただき、二次創作の自分が書いた一次創作の二次創作をしてもらうという瞬間を経験しようとしている。これは凄く嬉しいことですね。

 

 

というように、2016年も小説の更新面。作者との交流面。執筆面と全て充実していたなと思います。ただ、出来過ぎなところはあるので来年はもう少し抑えていこうと思いました(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【アニメ】監獄学園

 

 

漫画原作ですが、私が初めて触れたのがアニメだったのでこちらで。

男女比率が5人:1000人の元女子高というぶっとんだ設定から始まってのペナルティを犯した男子の監獄生活。脱獄やら有罪を覆す物証の入手などでのよく分からない頭脳戦等の描写がよく分からない感動を運んできますね。

アニメの演出もばからしくて面白くて良かったです。

あとで原作を読みましたが、よくここまでアニメでやりましたねと思いました。

2016年11月の執筆成績

12月に少し入りましたが、11月もお疲れ様でした。

f:id:tukihana134679:20161203220955p:plain

f:id:tukihana134679:20161203221005p:plain

 

今月は例年通り、年末に向けてクールダウンしていってお疲れ様でした、としましょうと思っていたのに蓋を開けたら前月より多かったです。

明らかにViVidStrike!のおかげです。

 

今月書いた物

140.ViVidStrike! ジル・ストーラ
141.ViVidStrike! キャリー・ターゼル陵辱
143.ViVidStrike! リンネバイブスパーリング
144.ViVidStrike! ミウラとリンネのララパルーザ
145.ViVidStrike! リンネ選手拉致肘膝破壊陵辱
146.ViVidStrike! リンネ選手精神崩壊
147.ViVidStrike! リンネ選手自暴自棄陵辱
148.ViVidStrike! 再会はゲロ以下の臭いと共に
EX.ヴィヴィオとリンネのバトルオブホーク

 

11月はViVidStrike!の二次創作を毎週書いて即座アップしようという企画を自分で立てることにしました。

 

それくらい魅力的な作品ということもありましたが、こういう「作品を見てネタを浮かべて、即座に話を考えて即座に書いてすぐにアップ」という瞬発力を鍛えるようなことを久々にしてみたかったこともあります。

 

本当に二次創作書き始めの頃は気が向いたら書いて、推敲して一日後にアップというような書いてはアップというのをしておりました。

最近は書くペースを一定にして、書き溜めた物をアップするという流れにしたので楽にはなりましたが、瞬間的にネタを纏めては書くというようなことは鈍ってるかもしれないと思い立ちまして。せっかくなので書いてみようと。

最初は不安でしたが、すぐに杞憂に終わりました。

ヴィヴィストは見る度に「ああいうの書きたい」「こういうの書きたい」と浮かんでくる作品だったもので、私はそれを書く時間を捻出するだけで良かったわけですね。

ちなみに書くペースはほぼ一定のまま。少し馬力を上げた日はありましたけど。

 

12月もヴィヴィストの最終話まではこのペースで行って、最終回後にアップする作品を書いた後にセーラー服反逆同盟の書きかけの話を書き上げて、年内の執筆を終えたいなと思っています。

12月はクリスマス話などもアップするので更新も激しそうです。

今からアップ作品の推敲もしておきましょう。

 

 

2016年を振り返るその1

一度に振り返ると負担が大きいので、数回に分けてみることにしました。

半年くらいがちょうどいいかと思います。

 

2016年1月

1月1日に新年あけましておめでとうの小説を上げることから始まりました。

そして、1月でのメインイベントと言えば、pixivでお世話になっているTARE活様のマンガのノベライズというものを許可をもらってさせていただきました。

2015年末にどうしても書きたいと思いまして打診をして承諾していただきましたね。

毎年、何か刺激的なことをしようと考えていたので、まずこの「ノベライズ」が特別なこととなりました。

あと、この月はいつもより執筆時間が取れたので、いきなり14万字超えと私としては執筆量が多い月になりました。2016年を通してだと3位ですね。

 

2016年2月

例年、この月は他の月よりも日数が少ないので執筆量も総じて少な目です。

前月と比べてマイナス5万文字くらいといったところ。

この月で特別なことはpixivやツイッターでお世話になっているやえば様の「イラストにイメージレスポンス」させていただいたことですね。

ただのイメージレスポンスと違うのはツイッターで会話させていただいてセリフなども使わせていただくなど少しだけ共同制作している点ですね。

 

2016年3月

3月からは年度末ということで仕事も忙しかったり落ち着いたりと。執筆量も2月で落ち込んだところから上がっていきます。

この月の特別はやえば様に「挿絵を頂いた」ことですね。

これもツイッターでの会話が下敷きとなって、描きますよと言っていただけたので小説を書き、挿絵を描いていただきました。

素敵なイラストがあるとイメージも膨らみますね。

さらに、この月は「アップした小説にイメージレスポンスしてもらった」ことも特別でした。書いた内容にマッチした素晴らしい絵でした。

 

2016年4月

新年度が始まっても執筆のペースは変わらないというか、徐々にペースを上げていく時期でした。2月から3ヶ月連続アップですね。

この月での特別なことは「原案をもとにオリジナル小説を書いた」ということですね。

これはpixivでお世話になっているクリッピングポイント様がpixivのツイッターのような「フィード」で呟いていた設定がとても気に入って、使わせてほしいと打診したものですね。快諾していただいて、クリッピングポイント様原案として書かせていただきました。

私としてもとても気に入ったヒロインが書けたので、これだけで終わるのももったいないなと思いつつ、連載の予定はないですね。

 

2016年5月

この月は今年ではけっこう頑張った月となりました。

4月末からGWということで、GW特集をしようと勝手に想い、5月1日にスマイルプリキュアのミラクルピースを、これまでファンでしたが「イメージレスポンスをしていなかったtyoujiya様のイラストにイメレスつけさせていただきました。」

新たな交流は緊張しましたが、快く受けていただいて嬉しかったです。

 

次にこの話で次に書く話をアンケート取ってみたところ、圧倒的な差でキュアビューティとなったものですから、ならGW中に書いてしまおうと「GW初日に出した作品につけたアンケート結果から、GW期間中に新作を書き上げる」ことをしました。

 

三つめに、TARE活様がGW中にミラクルピースのイラストをアップしまして、それを見てたまらず「イラストアップ後24時間以内にイメレス小説をアップ」ということをしました。

後でツイッターでのコメントを見ると私が書いた話を読んでミラクルピースを描いたとのことですので「絵師さんのイラストを私が見る→イメレス小説を書く→私の小説を読んでイラストが描かれる→そのイラストを見て私が小説を書く」という連鎖が起こったようですね。

これもとても嬉しかったです。

 

四つ目は「アニメ進行中に人様が書いた小説にインスピレーションを受けて、同様の場面をイメレスしつつさらに私なりに描いた」というものです。リアルタイムで書いたというのは去年もプリンセスプリキュアがあったと記憶しておりますが、今回はさらに先に人様が書いた話にも影響を受けているというところが新しい部分ですね。

 

2016年6月

この月は落ち着いている月でしたね。

ただ定期更新を続けていた月です。ここまで振り返ってみると、こういう月があるとクールダウンできますね。5月頑張りすぎた分、落ち着こうと思っていたのだと思います。執筆量も5月より落ちました。5月は即興で書く作品が多かった分でしょうね。

でもこの月はセインティア翔の作品だけ上げ続けたのですが、全てランキングに入りました。私としてはまだまだマイナーだし、ランキングには縁がないだろうと思っていただけに、刺激的でした。

 

 

半年分振り返った結果でしたが、前半もワクワクもんだったのですね。

後半もまた刺激的なことが多かったので、後日に振り返ってみようと思います。

 

 

 

 

 

ヴィヴィストのアニメを見た後で二次創作をする進捗

アニメを見てから二次創作を書こうという自分企画を続けております。

開始は10月の中盤から終わりごろ。ちょうど4話が放映された時に「これは凄い」ということで衝動的に書いたのが始まりでした。

その後からも書きたいネタが浮かんできたのでリアルタイム視聴の間に更新ということをしてみようと思ったのでした。

 

今のところこのようになっています。

 

第1話のIF ViVidStrike! フーカ・レヴィントン

第3話のIF ViVidStrike! キャリー・ターゼル凌辱

第4話のIF ViVidStrike! ロリリンネ凶行

第5話のIF ViVidStrike! ジル・ストーラ

第6話のIF ViVidStrike! ミウラとリンネのララパルーザ

第6話派生  ViVidStrike! リンネバイブスパーリング

第7話のIF ViVidStrike! リンネ選手拉致肘膝破壊凌

第8話のIF ViVidStrike! リンネ選手精神崩壊

第8話のIF ViVidStrike! リンネ選手自暴自棄陵辱→執筆中

 

 

だいたいこれで10万文字くらいですね。

今執筆中の話が明日か、来週月曜くらいに書き上がったら今度は第9話のIFを書くなど、まだネタがあるので12月の放映最終回まで書いてみることにしました。

流石に11話や12話は18禁なネタは無理かもしれませんが。

 

瞬発力を確認するための企画ですが、こういうのも楽しいですね。

2016年もそろそろ終わり。ラストスパートですね。

 

【アニメ】響け!ユーフォニアム

吹奏楽や合唱は文科系体育部みたいなイメージが強いですね

 

 

第一期からファンでしたが、第二期もとても面白いです。

男女共に合宿しておきながら恋愛のれの字もなく吹奏楽に魂を注ぎ込む女子。そして京都アニメーションの可愛らしい女子の描き方とか。可愛らしいです。

 


響け!ユーフォニアム 8話ED

これは第一期ですけど、ここから私は本格的にはまったと思います。美しいですね。